介護職特有のお悩み

HOME» 介護職特有のお悩み »ずっとある慢性の腰痛

介護職特有のお悩み

ずっとある慢性の腰痛

仕事は続けたい・・・

しかし、腰痛や体がいつまでもつか・・・

 

腰痛イメージ

 

当院はそんな方のために下記の4つをご提供します。

 

①現在ある、だるさ、痛みを軽減

鍼灸・手技施術により筋肉が縮みます。

②始業前(介護動作を行う前の)ストレッチの指導

介護腰痛の発生は始業(介護開始)直後に多いことが労災事故の調査からわかっています。

これを防ぐために、腰部を中心にストレッチで普段からほぐすことが大切。そのために効果的な腰部のストレッチを指導します。

③筋肉強化により、腰部を守る

腹筋・背筋・下肢の大きな筋肉の筋力を強化することにより、腰にかかる負担を大きく減らします。介護動作を長く続けられる筋肉をつければ、年齢を得ても介護の仕事を続けられます。

④腰に悪い姿勢の指導

どうしても時間に余裕のない中で介護を行う場合が多いのですが、忙しい中でも、腰に悪い姿勢を知り、避けることによって、腰痛の発生を防げます。無意識に大変多く腰に負担をかける姿勢をしていたことに気づくことが大切です。

2014/10/30

最新情報

患者様の声

はじめての方へ

当院のご紹介

介護職特有のお悩み

ブログ

診療時間のご案内

月曜〜土曜 9:00〜18:00

当院は完全予約制です。
ご来院の際には、
お電話にて前日までに
ご予約をお願い致します。

06-6401-3877

お問合せ

管理画面