ブログ

HOME» ブログ »9/7。疲れているのに目が覚める。眠れなくさせている原因。

ブログ

9/7。疲れているのに目が覚める。眠れなくさせている原因。

 眠いと感じているのになぜか眠れない、すぐに起きてしまう。現代では、こうした睡眠障害に悩む人も少なくないそうです。

 当院では自律神経の調整を目的に背部のツボに刺激を行い改善を目指す施術を行い効果をあげております。

セルフケアの考え方をすると、眠れなくさせている原因は日ごろの生活習慣にあるかもしれません。例えば

①寝酒を行う。

 お酒を飲むと、すぐに眠れる。こう思っている人、意外と多いですよね。確かに、ほろ酔いで気持ち良くなってスッと寝てしまう、ということもあるでしょう。

 しかし、アルコールは深い眠りを妨げ、また、利尿作用により、早朝や中途覚醒を引き起こしてしまうこともあります。

②寝る前のエクササイズ。

 寝る前にエクササイズをしていませんか? 夜遅くに近所をランニングしたり、家でちょっとした筋トレやエクササイズをしたりしていると、ベッドに入っても交感神経が活発に働いており、体が活動している状態になっているかもしれません。

兵庫県尼崎杭瀬西川東洋医学研究所

 

2015/09/07

最新情報

患者様の声

はじめての方へ

当院のご紹介

介護職特有のお悩み

ブログ

診療時間のご案内

月曜〜土曜 9:00〜18:00

当院は完全予約制です。
ご来院の際には、
お電話にて前日までに
ご予約をお願い致します。

06-6401-3877

お問合せ

管理画面