ブログ

HOME» ブログ »2016/4/14 大腸がんの予防。食品編

ブログ

2016/4/14 大腸がんの予防。食品編

       

近年「大腸がん」のリスクは高まっており、生涯で大腸がんに罹患する確率は、男性が11人に1人、女性が14人に1人となっています。

 また大腸がんは女性のがんによる死亡数の第一位となっています。

 大腸がんの予防の1つとして食生活の見直しが挙げられます。

 今回は大腸がんの予防に有効な食品を紹介します。

①まず「食物繊維」の多い食品

  納豆・いんげん・あずき・えんどう豆・にんにく・ごぼう・アボカド・よもぎ・しそ・海藻類・こんにゃくなど

 食物繊維は排便の促通とともに、発がん物質の排泄に効果が期待できます。

「カルシウム」の多い食品

  チーズ・いわし・ししゃも・サクラエビ・しらす干し・大根の葉・バジルなど

 カルシウムは免疫力を上げる作用があります。

「ビタミンD」の多い食品

  まぐろ・鮭・さんま・ウナギ・ニシン・カレイ・ひらめ・干しシイタケなど

 ビタミンDカルシウムの吸収を促し、またそれ自体にも発がん抑制作用が期待されます。

 また葉酸・ビタミンB6・B12は細胞の修復を助け、細胞のがん化を防ぎます。

 バランスの良い食事で病気にならない身体づくりを!

 

# 尼崎 杭瀬 西川東洋医学研究所 西川治療院 あかり治療院 鍼灸 マッサージ 介護

2016/04/14

最新情報

患者様の声

はじめての方へ

当院のご紹介

介護職特有のお悩み

ブログ

診療時間のご案内

月曜〜土曜 9:00〜18:00

当院は完全予約制です。
ご来院の際には、
お電話にて前日までに
ご予約をお願い致します。

06-6401-3877

お問合せ

管理画面