ブログ

HOME» ブログ »17/3/9インフルエンザの感染予防。

ブログ

17/3/9インフルエンザの感染予防。

       

今年の冬は例年以上にインフルエンザが全国的に蔓延しました。

鍼灸治療では、免疫機能を高めるツボとして、前腕の「手三里」、下腿前面の「足三里」に鍼灸治療を行い予防を図ることが多いです。

免疫機能は胃腸機能、特に大腸機能と関係が深く、腸内細菌の機能が低下すると、免疫機能も低下すると考えられます。

日ごろから、乳酸菌飲料を飲むなど、腸内環境を整えることも、感染症対策に有効です。

インフルエンザは、症状が消失してからも、2日程度は体内にウィルスが残っていると考えられますので、症状が消失してからも、2・3日は安静にすることが、感染拡大を防ぎます。

#西川東洋医学研究所 あかり治療院 尼崎 杭瀬 鍼灸 マッサージ

 

2017/03/09

最新情報

患者様の声

はじめての方へ

当院のご紹介

介護職特有のお悩み

ブログ

診療時間のご案内

月曜〜土曜 9:00〜18:00

当院は完全予約制です。
ご来院の際には、
お電話にて前日までに
ご予約をお願い致します。

06-6401-3877

お問合せ

管理画面